トイボックス エンヂニアリング

組込みハードウェアエンジニアが語るブログ

【スポンサーリンク】

『やがて君になる』舞台Bru-rayとキャンバスピクチャーが届いた話。

わぁ、届いたよ!

半年前、注文して、半月発売が延期になった、『やがて君になる』の舞台公演Bru-rayと買おうかすごく迷ったキャンバスピクチャー。

なかなか届かないから、注文ミスしてないか、

何度もメールチェックしてました。

f:id:toyboxengineering:20191114195850j:image

でも、買って良かった!

半年前から完結した今でも、変わらない熱と最後まで全く期待を裏切られなかったこの作品に入れ込んだこの一年の記念に!

 

あー、どこに飾ろう。

Bru-rayはすぐにでもみたいけど、今週末の上映会のチケットも取ってあるので、上映会を初見(春にみたのだけど)にしようかなぁ。

 

しかし、8巻の店舗特典が充実していてヤバイです。最終的に何冊買うんだろう?

【ネタバレアリ】F1 2019 アメリカGP決勝を見た話。

ネタバレアリです。

 

F1 2019 アメリカGP決勝を観ました。

f:id:toyboxengineering:20191105204029j:image

メルセデスがやっぱり強さを見せたGPでした。

一方で、フェラーリはどこか今ひとつな感じでした。やはり、この素人目に見ても酷い路面で、ここ数戦、良いところを見せていたベッテルのマシンは酷い壊れ方をしてしまいました。

 

 

ハミルトンは結局1ストップでしたね。最後はボッタスに抜かれてしまいましたが、彼はいつも、タイヤマネージメントが上手い!

そして6回目のワールドチャンピオン。

シューマッハの七回まで後一つ。

昔から速かったですが、やんちゃなイメージがあまり好きでは有りませんでした。

ですが、ここ数年、とてもチャンピオンらしい人間に成長したのが、他人が見てわかるのは凄いですね。

 

かつて、強いシューマッハを抑えて、アロンソが勝った時のように

この強いハミルトンを来年フェルスタッペンが抑えて勝つところが見たいですね。

 

そして、アルボンは、一時は最後尾まで下がりましたが、結局五位フィニッシュは凄いですね。来シーズンの2ndドライバーはまだ未定のようですが、来年のフェルスタッペンのパートナーのアルボンは見てみたいです。

【ネタバレアリ】F1 2019 アメリカGP予選を見た話。

ネタバレアリです。

 

F1 2019 アメリカGP予選を見ました。

f:id:toyboxengineering:20191104010634j:image

日本時間で、日曜日の朝ということで、日本は三連休の中日の為、私はライブでは見ることができませんでした。

予選のあとに、音楽のライブがある都合で現地時間16:00予選スタートらしいです。

日本では有りませんが、F1と大物アーティストのライブが同時に催されるのは、近年の流れなので理解できますが、こういった興行はいつもアメリカファーストで嫌になります。

とはいえ、モータスポーツの下火な日本になんか、合わせるわけないですけど…

DTMNASCARは、週末のレースで優勝した車が、翌週のセールスに繋がると言いますからね。

 

素人目に見てもとてもバンピーな路面のサーキットですね。ウイング壊れないのかしら?

 

結果は

PP.ボッタス

2.ベッテル

3.フェルスタッペン

でした。

ハミルトンのワールドチャンピオンが決まりそうなこの一戦、楽しみが首の皮一枚繋がった予選でした。

ハミルトン5番グリッドは余裕の表れか?

 

この後ブラジルとアブダビの興行主にとっては、ここで決まるかどうかは、大きな違いがあるのでしょうね。

 

 

 

【ネタバレアリ】F1 2019 メキシコGP決勝を観た話。

ネタバレアリです。

F1 2019 メキシコGP決勝を観ました。

日本時間で明け方だったので、DAZNタイムシフトで観ました。

f:id:toyboxengineering:20191029010735j:image

金土日で346,000人!凄いですね、メキシコ。

 

フェルスタッペンは残念ながら、予選での黄旗無視で3グリッド降格で4番手スタートになりました。

 

各チームともタイヤ戦略が分かれて面白いレースでした。特に前半、ハードタイヤで引っ張ったリカルドの戦略も面白かったし、ハミルトン、ベッテルの1ストップも。

ルクレールは、チーム内でタイヤ戦略を分けたしわ寄せが来てしまいました。

アルボンも終始安定した走りでした。クレバーな走りではあるけど、私的には華がないのが物足りないかな。

一時は最後尾まで落ちたフェルスタッペンも結果6番手まで上げるのは凄いですね。

しかも、序盤で、ハードタイヤに替えてから、多分一番長くタイヤを使ったのではないでしょうか?

 

各チーム、ピットのミスが多かったのは残念でしたが、各所で面白いバトルも見られて面白かったです。

 

結果は

1.ハミルトン

2.ベッテル

3.ボッタス

でした。

今回でハミルトンのチャンピオンが決まる可能性もありましたが、次回以降に持ち越しになりました。

 

メキシコGPは想像より面白いレースになりました。

 

スタジアムを利用した観客席も面白いですね。

f:id:toyboxengineering:20191029010022j:image

来年のベトナムもこんな感じになるのかな?

 

 

 

 

【ネタバレアリ】F1 2019 メキシコGP予選を見た話

ネタバレアリです。

F1 2019 メキシコGP予選を見ました。

f:id:toyboxengineering:20191027220125j:image

日本からみると地球の反対側ということで、放送時間がいつもと異なり、配信がありがたいです。

 

映像でメキシコGPを見るのは初めてのような気がしますが、予選なのに、観客の入りが凄いですね!

 

見ていると、グリップが低いようでしたね。

 

Q2はトップ6台はミディアムタイヤでソフトの7位以下を押さえましたね。

上位チームとの力の差が如実に表れていました。

 

Q3の1回目のアタックで、上位陣のタイム更新合戦はワクワクしました。

セッション終了間際のアタック中に、ボッタスがクラッシュしてしまいましたが、珍しいクラッシュの仕方でしたね。

メルセデスは最後に何かやるかな?と思って見ていただけに残念でした。

 

とはいえ、

1.フェルスタッペン

2.ルクレール

3.ベッテル

は決勝たのしみですね!

【ネタバレアリ】F1 2019 日本GP 決勝を観た話

ネタバレアリです。

 

F1 2019 日本GP 決勝を見ました。

f:id:toyboxengineering:20191014211351j:image

今回は台風19号の影響で、予選、決勝同日開催となりました。

 

当日のタイムテーブルは以下の通り。

8:00-ポルシェカルラカップ 中止

10:00-F1予選

12:25-ドライバーズパレード

13:54-国歌斉唱

14:10-F1決勝

 

f:id:toyboxengineering:20191014185651j:image

ドライバーズパレードのベッテル

今回、ベッテルは、優勝こそありませんでしたが、予選、決勝共に頑張ったと思います。

 

さて、現地鈴鹿でひさびさに観たF1ですが、現地ではよくわからないこともあったので、改めてDAZNで観ました。

 

今回、2コーナー出口付近で観戦していましたが、オープニングラップのスタートから、S字までの間にいろいろなことが起こりすぎて、結構近くでフェルスタッペンとルクレール接触の原因がわかりませんでしたが、DAZNでみると明らかにルクレールが膨らんでますね。

 

結果は私の予想と大きく違いましたが

ボッタスは、好スタートからの、チェッカーまで、すごく速かったですね。

ベッテルは、今回スタートで失敗していまいましたが、ハミルトンの最後のタイヤ交換の後、よく持ちこたえました。良い2番手だったと思います。

ハミルトンは、最後のタイヤ交換しなければ、優勝もあったような気がしますが、コンストラクタとして優勝できたので、結果オーライというところでしょうか?

 

最後に、アルボン4位でした。前半、サインツを抜きあぐねていたのが、モヤモヤしましたが、ピット戦略で、ちゃんと前にでました。

コンスタントなこの結果は驚くべき結果と思います!

 

今年はいつもと違う駐車場に停めての観戦てしたが、それも快適だったので、来年もまた鈴鹿に来るかもしれません。

あと、今年は、親子連れがとても多く感じました。

f:id:toyboxengineering:20191014211532j:image

【ネタバレアリ】F1 2019 日本GP 予選を観た話。

ネタバレアリです。

 

F1 2019 日本GP 予選を見ました。

f:id:toyboxengineering:20191013115936j:image

 

今年は5年ぶりに鈴鹿まで来ました。

最後に来たのは2014年のジュールビアンキがcrushした時以来です。

それまで、15,6年毎年見に来ていたのですが、台風で、予選・決勝同日開催は2回目です。

今日は、爽やかな秋晴れで、風が少し強いです。日差しは少し強いかな?

 

予選前の私的予想は、

PPルクレール

2nd ハミルトン

3rd ベッテル

5th フェルスタッペン

 

でしたが、まさかのベッテルコースレコードで、PPとなりました。

PPベッテル

2ndルクレール

3rdボッタス

4thハミルトン

5thフェルスタッペン

6thアルボン

でした。

やはり、ベッテルは煽られないと速いですね!

ルクレールは、ロシアの雪辱をはらせるのか?

それとも、ハミルトンの壁となってベッテルのポールトゥウィンとなるか?

アルボンもすごい!

 

個人的には、ルクレール頑張れ!