トイボックス エンヂニアリング

組込みハードウェアエンジニアが語るブログ

【スポンサーリンク】

【ネタバレアリ】F1 2020 オーストリアGP決勝を観ました。

ネタバレありです。

f:id:toyboxengineering:20200706002316j:image

F1 2020 オーストリアGP 開幕戦 決勝を観ました。

9台がリタイアする荒れたレースでした。

 

アルボンは残念でしたが、Good challenge だと思いました。SCとSCの間にペレスを抜いたのも、ハミルトンにアタックするタイミングも判断が早くてよかったです。

ハミルトンとっては、ガッカリな5秒ペナルティでしたが、正直、重いペナルティに感じました。

ですが、その5秒に食い込むファイナルラップでのファステストを出したノリスにも痺れました。

 

今回のレースを観て、やはりコースに残って、チャレンジすることが大切だと感じさせられました。

きっと人生も同じなんだろうなぁ。

 

というわけで、

Winner ボッタス

2nd ルクレール

3ed ノリス

という結果でした。

 

レッドブルは残念でしたが、メルセデスとの差はありますが、速さを見せていたので、来週に期待したいです。

あ、あと、今回良かったのは、フェルスタッペンとアルボンが、近くを走っていたことです。

昨年までは、メルセデス二台とフェラーリ二台に対して、フェルスタッペンが孤軍奮闘していましたが、やはりチームメイトが近くを走っていないと1人にかかる負担がとても大きくて、それに、コンストラクターの優勝がみえてきません。

 

がんばれアルボン!

 

f:id:toyboxengineering:20200706001908j:image

表彰台もソーシャルディスタンシング。

【ネタバレアリ】F1 2020 オーストリアGP予選を観た話。

ネタバレありです。

 

とうとう、やっと、2020年のF1開幕ですね。

開幕戦のオーストリアGP予選を観ました。

 

無観客のF1はCGのようでゲームみたいでした。

なんだか、ストーブリーグばかりが先行していて、はじめは「サインツフェラーリはどうなの?ルクルクレールに迫るの?」とタイムを見てしまいましたが、来シーズンの話ですよね。噂話が先行して、レースがなかったので、勘違いしてしまいました。

 

ですが、シーズン前の噂の通り、フェラーリはしょっぱかったですね。ルクレールでギリギリQ3進出しましたが、ヴェッテルはQ2敗退。

移籍(or引退)の話も相まって、背中が寂しそうに見えてしまいました。

 

一方でメルセデスは、今年も少なくとも予選ペースは圧倒的で、ヴェッテルの移籍からトコロテン式にメルセデスを離れる噂の出ているボッタスは速かったです。

 

ということで、

PP ボッタス

2nd ハミルトン

3rd フェルスタッペン

でした。

メルセデス以下はタイムが肉薄していますし、フェルスタッペンのミディアムスタートの作戦がどうなるか、などなど、決勝面白そうですね!

 

トトウォルフはフェイスガードでしたが、ピットクルーは皆マスク着用で

f:id:toyboxengineering:20200705002148j:image

レース後のインタビューもソーシャルディスタンシングが保たれていました。

 

 

 

 

【ネタバレアリ】アニメ『かくしごと』をみた話。

ネタバレありです。

かくしごと』を見ました。

f:id:toyboxengineering:20200628213213j:image

 

原作未読ですが、本作はアニメ6月完結で、原作が7月完結らしいですね。

アニメは、毎回、現在と過去の時間軸で描かれていました。過去パートは父親の後藤可久士視点で、現代パートは娘の姫視点で描かれています。

姫視点は、最終回の伏線にもなっていて、最終回で出てくる設定がとても多いですが、それはそれでうまく纏まっていました。

 

正直いうと、この原作者の漫画は、マガジンで『さよなら絶望先生』を読んでいましたが、最後まで見切れていなかったので、本作も実は3話くらいで一度離れてしまったのですが、姫パートで父親が全然出てこないことが気になってしまって、結局最後まで見てしまいました。

原作がどのように進行していたのか興味あります。

 

それと、姫役の高橋 李依が、とてもいいですね。今期、『LISTENERS』でもヒロインを演じていますが、演技の幅が見られてとても良かったです。

 

あと、EDの『君は天然色』とハートカクテル風の映像もよかったです。


以下追記です。

そういえば、姫の誕生日に開ける年齢の書いてある箱は、母親が用意した設定になっていたけど、海難事故を想定して用意してたは、無理があるなぁと、思いました。

『ファンタジーアート展』を見た話。

『ファンタジーアート展』を見ました。

この展覧会は、天野喜孝とその息子の天野弓彦の作品の展示でした。作品の比率は、天野喜孝氏95%、弓彦氏5%(体感)でした。

 

f:id:toyboxengineering:20200627200518j:image

 

この展覧会を知ったのは、Twitterで私のタイムラインに流れてきたからなのですが、このコロナ禍のご時世、サイトで事前予約制になっており、予約するとクリアファイルがもらえました。

f:id:toyboxengineering:20200627201315j:image

で、このサイトのどこにも入場料が書かれておらず、ちょっと嫌な予感がしたのですが、明日は雨のようなので今日行ってきました。

そもそも、どこの会場も3日しかやっていないのです。

会場は、『スターツおおたかの森ホール』だったのですが、おおたかの森周辺は、私の車のナビには載っていない新興地域なので、スマホのナビタイムのナビを最近ではメインで使っていますが、なんと、ナビタイムのナビで検索しても、この会場の住所が載っていないのです。

地図には載っているのでルート検索はできるのですが・・・

それはさておき、会場では、入場制限というわけではないようでしたが、入るまでに1時間並びました。無料です。

 

天野喜孝の作品はFF6迄のパッケージが有名ですが、私的にはFFもですが、エルリックサーガの装丁,挿絵やTRPGストームブリンガーのパッケージがお馴染みで、楽しみにしていました。

が、嫌な予感と前述しましたが、この展覧会は、リトグラフの展示即売会でした。

作品を見ているとスタッフが近づいてきて、説明が始まります。詳しく説明してくれるスタッフはいいのですが、作品を見ていると、購入意思のある客のために、見ている作品を持って行ってしまいます。また、スタッフの様子を見ていると、作品を見ている客を値踏みして声をかけてくるようで、気持ちよく作品をみることができませんでした。

彼らからしたらビジネスとして当然なのかもしれませんが、公式サイトにそういう匂いをもっと漂わせておいて欲しいです。無料ということと、開催期間がそれを物語っているのでしょう。

 

私には百万円もするリトグラフを買うことはできません。

ということで、いつもどおり、クリアファイルを買って帰りました。

クリアファイルは四種1セットが二種類だったので、両方とも購入。

f:id:toyboxengineering:20200627215941j:imagef:id:toyboxengineering:20200627220029j:image

 

で、同時開催していた『超ラッセン原画展』も見ました。私の中では、イルカのパズルの人のイメージでしたが、ディズニー版権の作品などもあり、私的にはイルカよりも興味湧きました。

水の描き方がキレイ。

 

 

 

 

『GREAT PRETENDER』を見た話。


『GREAT PRETENDER』をNETFLIX で見ました。

f:id:toyboxengineering:20200621134628j:image

 

この作品は、6月にNETFLIX で先行配信され、7月からTVで放送されるらしいです。

NETFLIX では、5話、5話、4話と塊で配信されて、それぞれの塊で、一つのお話になっているという構成です。

TVを見ないわたしにとっては、大歓迎のスタイルで、一気見をしたい私としては、とても見やすい配信スタイルでした。

また、お金のかかるアニメ制作としても、良いスタイルなのではないかと想像していて、今後は増えていくのではないかと思います。

 

内容は、義賊的な詐欺師の話ですが、誰も不幸にならない感じがとても心地よく、私はとても楽しめました。

うまく説明できませんが、『black lagoon』を見たときのような、海外の空気感とその中に放り込まれた日本人のような感覚がある作品だなと思いました。

キャラクターの魅力もありますが、独特の背景が良くて、今期の『かくしごと』のエンディングの背景もそうですが、『ハートカクテル』的な背景でおしゃれ(?)です。

 

公式サイトでは、15話以降は、coming soonになっているので、続くのかもしれません。NETFLIX の画面では、次の配信がいつとは言及されていないので、あるのか、ないのか?という感じです。

 

 

『SHIROBAKO展~SHIROBAKOで学ぶアニメのつくり方~』を見に行った話。

SHIROBAKO展~SHIROBAKOで学ぶアニメのつくり方~』を見ました。

f:id:toyboxengineering:20200620234207j:image

川口の『SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ』で6/20-9/8まで開催されており、8/4からは劇場版に内容が差し代わるようです。

SHIROBAKO』はとても好きなアニメで、劇場版も初日に映画館に観に行ったのですが、特典欲しさにもう一度見に行こうと思っているうちに、コロナ禍に巻き込まれ、まだ二度目は見れていないまま、終わってしまいそうです。

 

で、展示ですが、なかなか充実していると思いました。設定資料や原画集などを持っている人は、既出のものが多いのかもしれません。

この展示会、なにが嬉しいかというと、動画以外、撮影可でいうことです。

f:id:toyboxengineering:20200620235411j:imagef:id:toyboxengineering:20200620235509j:image

この作品で、何度見ても泣いてしまうこのシーンの原画もありました。

f:id:toyboxengineering:20200620235708j:image

あと、この手の展示会ならではの展示としては、自分でパラパラできる動画の展示です。

f:id:toyboxengineering:20200621000016j:image

エンゼル体操と、作中でリテイクがかかった渾身のシーンが、パラパラできました。

f:id:toyboxengineering:20200621000045j:image

私的には、過去のムサニ作品のポスターも良かったです。

f:id:toyboxengineering:20200621003507j:image

あと、この会場自身が映像作品の作り方を常設展示している流れからか、アフレコ体験とか音響効果体験などのコーナーがあり、おっさん1人では抵抗ありましたが、親子連れには楽しい企画だと思いました。

 

あとは、劇場版でカットになったシーンの原画もありました。

f:id:toyboxengineering:20200621000742j:image

こういうのが見られるなら、8/4からの劇場版に差し代わったあとも見てみたいなぁと思いました。

こういう展示の割には、物販がないのも珍しいなと思いました。会場の性質から、アニメを作り方の展示に注力しているということかな?

 

以下、この施設について思った事です。

前述の通り、映像作品ができるまでの常設展示の最後に、今回の特別展示があるのですが、会場のサイトによると、埼玉県とNHKが共同で運営しているということで、科学技術館のような感じで、実は個人的にはこちらも楽しめました。

もともと、私自身がアミューズメント施設向けのゲームを開発していたこともあり、なかなか工夫された展示があったり、技術的な解説もしっかりしている印象でした。

また、いろいろな体験コーナーもあって、子供が居たらかなり楽しめるように思いました。

f:id:toyboxengineering:20200621003120j:image

私が通った時は、ニュース番組の体験をしている親子がいました。設備がスゴイ。

これらの設備も込みで入場料¥520は安い!

 

 

 

アニメ『空挺ドラゴンズ』を見た話。

ネタバレなしです。

 

f:id:toyboxengineering:20200615235152j:image

空挺ドラゴンズ』をNETFLIX で見ました。

原作未読です。

バナーを見た時から、ナウシカ な配色で、飛空挺といえばラピュタっぽいなぁと、思いつつ、だからこそ避けていました。

 

一言で言うと、捕鯨の鯨が竜になった捕竜の人たちの日常アニメです。

12話のアニメの中で、綺麗に纏まっていて、物語に起伏があって、カタルシスもあって、とても面白かったです。

2日で12話一気見しましたが、次へ次へと見てしまいました。

 

前述の2つのアニメへのリスペクトもやはり大きく、見たことのあるシーンもやはりいくつもありましたが、これはこれで良いです。

 

それと、ファンタジー独特のうまそうな食事のシーンが、こだわりを感じましたし、きっと、原作はもっと凝った設定が沢山あるのだろうなと、見てみたい気もしました。